• 136 Words

    aqua で組織・チームのツール群を管理

    aqua v0.7.3 をリリースし、 複数の global configuration をサポートしました。 個人で使う分にはあまり嬉しい機能でもないかもしれませんが、 会社・組織・チームといった集団(以下組織で統一)で設定を共有するには便利な機能だと思います。 これまで aqua では 2 つの設定ファイルをサポートしていました。 -c で指定した場合はそのファイル、そうでなければカレントディレクトリから探索して最初に見つかったファイル リポジトリ直下にそのリポジトリ用の aqua.yaml をおく global configuration (デフォルトは ~/.aqua/global/[.]aqua.y[a]ml) 個人の dotfiles とかで aqua.yaml を管理しておく こうすることで特定のリポジトリ用の設定と個人の設定を管理することができます。 しかし、第三の設定を参照することはできませんでした。 例えばある組織で使うツールセットを aqua で管理しようと思ってもこれまでは難しかったです。 そこで AQUA_GLOBAL_CONFIG という環境変数に : 区切りで設定ファイルへのパスを設定することで先頭から順に設定ファイルを参照するようにしました。 設定ファイルの優先順位は高い方から順に次のようになります。 -c で指定した場合はそのファイル、そうでなければカレントディレクトリから探索して最初に見つかったファイル AQUA_GLOBAL_CONFIG global configuration (デフォルトは ~/.aqua/global/[.]aqua.y[a]ml) イメージとしては プロジェクト(リポジトリ)の設定 組織の設定 個人の設定 という感じです。 例えば GitHub Organizations に aqua-config というリポジトリを作成し、以下のようなファイルを用意したとしましょう。 all.
    • 166 Words

    aqua の設定ファイルをインタラクティブに生成する generate コマンド

    aqua - CLI ツールのバージョン管理 aqua v0.1.0 から v0.5.0 での変更点 aqua v0.5.1 で追加された generate というサブコマンドを紹介します。 aqua では Registry を活用することで設定を記述する手間を省くことができますが、 Registry を活用するには、インストールしたいツールが Registry で定義されているか、されているとしたら name はなにか調べる必要があります。 Registry で定義されているのに見逃してしまうこともあるでしょう。 また、 aqua でツールをインストールするには version を指定する必要がありますが、多くの場合はとりあえず最新バージョンはなにかを調べることになるでしょう。 これらの手間を減らすために generate というインタラクティブなコマンドを追加しました。 これは aqua.yaml で指定されている Registry で定義されている packages の一覧から package を fuzzy search によって選択し、 更に github_release package の場合は release version の一覧を fuzzy search によって選択することで package の YAML 定義を出力するコマンドです。 使ってみるのが早いでしょう。 aqua.yaml に Standard Registry を追加した上で aqua g を実行してみます。
    • 465 Words

    aqua v0.1.0 から v0.5.0 での変更点

    先日 aqua v0.1.0 をリリースした記事を書いたばかりですが、 そこから更に開発を続けて v0.5.0 をリリースしたので、変更点を紹介します。 基本的に Release Note に書いてあるとおりです。 PATH を project (aqua.yaml) 毎に設定する必要がなくなりました ~/.aqua/bin を PATH に追加すればよくなりました direnv などを使って環境変数を追加する必要がなくなりました install コマンドに --test option を追加し、 file.src の設定が正しいかテストできるようになりました CI で aqua の設定をテストするのに便利 GitHub Release だけでなく、任意の URL から tool のダウンロード・インストールができるようになりました Go や helm, Hashicorp の product のような公式サイトからダウンロードするタイプのツールも install できるようになりました Breaking Change: inline_registry の設定の形式を変更しました aqua の設定の再利用性を高める Registry という仕組みを導入しました standard Registry を公開しました https://github.
    • 636 Words

    aqua - CLI ツールのバージョン管理

    2021-09-04 追記: aqua v0.1.0 から v0.5.0 での変更点 aqua という OSS を開発しているので紹介します。 記事の内容は aqua v0.1.0 に基づきます。将来的に仕様が変わる可能性があります。 aqua とは aqua は CLI ツールのバージョン管理のための CLI です。 aqua で管理する主な対象は GitHub Release で公開されているツールです。 YAML の設定ファイルを書いてコマンドを実行すると指定したツールをインストールすることができます。 例えば以下のような設定ファイルを書き、 aqua install というコマンドを実行すると jq, conftest などが GitHub Release からダウンロードされ、インストールされます。 packages: - name: jq registry: inline version: jq-1.6 - name: conftest registry: inline version: v0.27.0 inline_registry: - name: jq type: github_release repo_owner: stedolan repo_name: jq asset: 'jq-{{if eq .OS "darwin"}}osx-amd64{{else}}{{if eq .