久しぶりに Drone plugin を作ったので紹介します。

https://www.github.com/suzuki-shunsuke/drone-plugin-jsonnet-check

.drone.jsonnet から .drone.yml を生成していて、両方を Git で管理している場合に、 .drone.jsonnet と .drone.yml の状態が一致しているかテストするための plugin です。

Drone v1 では matrix builds が廃止され、multiple pipeline が導入されました。 matrix builds を drone convert コマンドで multiple pipeline に変換すると、pipeline の数が多いほど冗長でメンテナンス性が悪くなります。 そこで公式では jsonnet で記述して .drone.yml に変換する方法が推奨されています。

https://docs.drone.io/user-guide/pipeline/migrating/

To simplify your configuration we recommend using jsonnet.

$ drone jsonnet --format --stream

jsonnet から yaml への変換は Jsonnet extension を使うと Drone がビルド実行時に自動で変換してくれるので .drone.yml を管理する必要はなくなりますが、 使っていない場合、 .drone.jsonnet と .drone.yml を Git で管理し、自前で変換してコミットする必要があります。 この作業をなにかしら自動化しないと .drone.jsonnet と .drone.yml に不整合が生じることもあり得ると思います。

  • .drone.jsonnet を更新したけど .drone.yml を更新し忘れる
  • .drone.yml を直接更新してしまった

そこで CI で不整合が生じていないかテストするための plugin を作りました。

最初は plugin ではなく、ただのサンプルコードとして公開しました。

https://github.com/suzuki-shunsuke/drone-jsonnet-convert-test

しかし、折角なので plugin にしました。

やっていることは単純で、 .drone.jsonnet から YAML を生成し、 .drone.yml と diff を取っているだけです。

使い方は README を見れば分かると思いますが、

drone jsonnet コマンドのオプションを plugin のパラメータとして渡せます。

{
  kind: "pipeline",
  name: "test",
  steps: [
    {
      name: "test .drone.yml",
      image: "suzukishunsuke/jsonnet-check:v1.1.1-v0.1.0",
      settings: {
        format: true,
      },
    },
  ],
}
$ drone exec
[test .drone.yml:0] + drone jsonnet --format --target /tmp/.drone.yml
[test .drone.yml:1] + diff .drone.yml /tmp/.drone.yml
[test .drone.yml:2] --- .drone.yml
[test .drone.yml:3] +++ /tmp/.drone.yml
[test .drone.yml:4] @@ -12,5 +12,4 @@
[test .drone.yml:5]    settings:
[test .drone.yml:6]      format: true
[test .drone.yml:7]
[test .drone.yml:8] -
[test .drone.yml:9]  ...
2019/06/01 00:33:27 test .drone.yml : exit code 1

シェルスクリプトで実装しました。 テストでは bats を使っています。

以上、簡単ですが、自作 Drone plugin の紹介でした。