durl - 壊れたURLを検知するCLIツール

    結構前に開発したツールですが、まだ記事にしてなかったので紹介します。 https://github.com/suzuki-shunsuke/durl ファイル中の URL が壊れていないかチェックするツールです。 ファイル中の URL を抽出し、HTTPリクエストを投げてステータスコードが 2xx でないものがあった場合、異常終了します。 なお、ページ内リンク(アンカー)が壊れているものについては検知できません。 インストール Go製で、バイナリを GitHub Releases で公開しています。 https://github.com/suzuki-shunsuke/durl/releases Docker イメージ https://quay.io/repository/suzuki_shunsuke/durl busybox ベースの Docker イメージも提供しています。 CI で使うのに便利です。 使い方 durl init で設定ファイル .durl.yml を生成します。 $ durl init durl check に対象ファイルパスのリストを標準入力として渡してください。 find コマンドなどと組み合わせると良いです。 https://github.com/suzuki-shunsuke/go-errlog/blob/v0.9.0/scripts/durl.sh#L9 find . \ -type d -name node_modules -prune -o \ -type d -name .git -prune -o \ -type d -name vendor -prune -o \ -type f -print | \ grep -v package-lock.